みんなのチャーミングケアラボラトリー

チャーミングケア

チャーミングケアラボの取組み

どんな子どもでも子供らしく・可愛らしく過ごすことができるように、小児分野の外見ケアやメンタルケア、

そして保護者のためのケアにも注目し、情報を収集・発信します。

 

病気や障害のある子どもたちの外見ケアやメンタルケアに着目し、保護者も一緒になって行っている家族看護や様々な課題について考えます。

定期的なWEB座談会の開催→活動報告→情報発信

座談会や活動報告で集まった情報を収集し、ケーススタディとして積み重ね、看護学会や研究会などに発表します。
家族看護の形を考え、家族も一緒に行っていく治療だけではない小児分野のトータルケアの形を顕在化し、
ガイドラインの制作へと繋げます。
チャーミングケア

シンボルマーク

チャーミングケアのシンボルマークを掲げ、病気や障害のある子供たちの外見ケアやメンタルケア、寄り添う家族のメンタルケアなどを推進・啓蒙しています。

*チャーミングケアラボの事業及びシンボルマークは、商標取得申請中です。

 

どんぐりをモチーフにしたシンボルマークの意味:

ヨーロッパでは、どんぐりを1粒持っていると、病魔から身を守り長生きすることができるお守りとされているそうです。そんなどんぐりをモチーフに子供ならではの可愛らしさを尊重したデザインをシンボルマークに採用しました。どんぐりは、希望や可能性の象徴。チャーミングケアが、病児と家族が前向きになれる一助になればと考えております。

可愛らしさって、ワガママですか?

WEBニュースメディアハフポストと連動掲載しています。

第1回 チャーミングケア座談会

WEB座談会を開催しています。

*座談会は、第三者的な観点から見ていただく為にも疾患特化型SNS CARE LANDさんも交え、住んでいる場所がバラバラということを鑑みWEB座談会形式を採用しています。

イベント

チャーミングケアラボでは、気軽に参加していただける企画を提案しています。常時開催している企画や、スポットでのイベント情報などを発信しています。

イベント情報はこちら イベント情報はこちら

MEDIA

新聞

読売新聞西日本版に掲載していただきました。

WEB配信版はこちら https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181010-OYTET50021/

朝日新聞

共同通信社より記事配信していただきました。

毎日新聞 産経新聞 宮崎日日新聞 山梨日日新聞 山口新聞 秋田魁新報 北海道新聞

京都新聞 信濃毎日新聞

ラジオ 

KBS京都 笑福亭晃瓶のほっかほっかラジオ

CONTACT

活動に関するお問い合わせや、サポーター掲載希望、執筆・講演依頼などはこちらのフォームよりお問い合わせください。



*スペシャルケアが必要な全ての子どもたちにチャーミングケア を

運営団体

『みんなのチャーミングケアラボラトリー』は一般社団法人チャーミングケアが運営しています。

チャーミングケアラボは、ポータルサイトにて情報発信、イベントの開催、商品プロデュース、HP制作サポートの実施などを行っています。

 

企業、行政、教育機関のみなさまへ

チャーミングケアラボは、サポーターやパートナーを随時探しています。私たちがご一緒できることに関しては、下記をご覧ください。

 

各プロジェクト&ソリューション

オンライン座談会や、メディア上での特集を一緒に企画させていただきます。インタビュー、WEB調査などを行い、リサーチ結果を報告及び報告イベントなどを開催いたします。

 

研修・ワークショップ&講演・講座

病気や障害のある子どもと共に生きることや、子どもの視点からチャーミングケアを考える研修・ワークショップの設計または、実施可能なプロフェッショナル、団体のコーディネートなどを行うことが可能です。また、企業や行政、教育機関に向けての講演や講座を開催しております。

 

寄付による支援

チャーミングケアラボでは、サポーター制度を導入し、ご支援をもとに活動を行っています。

みなさまからいただいたご寄付は病気や障害のある子どもたちに関わる事例などを取材し、情報発信するための活動費用として活用させていただきます。

ご寄付はこちらから

概要

団体名一般社団法人チャーミングケア
設立2018年1月1日 (一般社団法人:2019年7月1日)
事務局所在地〒563-0021 大阪府池田市畑1-6-28-201
代表理事石嶋 瑞穂
理事

理事

岩倉絹枝(ひよこ屋代表)

奥井のぞみ(palette ibu.)